人事労務管理システムを導入するにあたり参考にしたい事

!

労務管理システムで効率的に労務時間を把握!

最近では、「NO残業デー」などの合言葉のもと、いろいろな企業で「働き方改革」への取り組みがなされています。特に、過重労働による従業員のストレス、健康不安は、一度問題化すると従業員やその家族のみならず、企業側の責任も大きく問われることになります。そんな中で、今後、人事は、やはり従業員の労働時間をどのように管理していくか、いわゆる「労務管理」をどのように効率的、合理的に推し進めるかということが重要なポイントとなると考えられています。少数の従業員であればともかく、数百人、数千人規模の企業では、全員の労務管理を確実に遂行することは至難の業です。そんな企業向けに、現在は、様々な人事労務管理システムが登場しています。例えば、社員が自身のパソコンへのログイン、ログアウト時間や、ビルの入館、退館時間のログを自動的に取得し、適切に残業申請がされているか、サービス残業はしていないかなどをチェックすることができるような機能を備えています。これは、あくまで労務管理システムの機能の一例です。このように人事労務管理システムを導入することで、すべての問題を解決できるわけではないですが、これまで企業が抱えていた様々な労務管理上の課題を効率化することが出来るといわれています。

出張や外回りの多い社員の勤怠管理もできる人事労務管理システム!

人事労務管理システムを導入することで得られるメリットは、人事労務管理部門の業務効率化や社員の各種申請、個人情報の保護だけではありません。出張や外回りの多い社員の勤怠管理も行うことができ、不正な打…

VIEW DETAIL

人事労務管理システムの導入を検討しよう

労務管理というと、紙媒体で行うのが一般的であるため、労務管理を行う人は書類の山に悩まされていると思います。しかし、近年の労務管理では、紙媒体からデータ化への移行が見られ、書類から脱してい…

VIEW DETAIL

社員の個人情報を集める際の手間とリスクを解消可能!

人事労務管理システムを導入するメリットとして、給与や各種税金そして保険料の計算、休暇申請の効率化や社員の教育履歴情報の管理だけに留まりません。今では、個人情報の取り扱いにも注意が必要であり、住所…

VIEW DETAIL

労務管理システムで効率的に労務時間を把握!

最近では、「NO残業デー」などの合言葉のもと、いろいろな企業で「働き方改革」への取り組みがなされています。特に、過重労働による従業員のストレス、健康不安は、一度問題化すると従業員やその家族のみな…

VIEW DETAIL